レジ

飲食POSレジで業務効率化を目指そう

POSレジ

飲食店を経営されている方でしたら、日々の会計処理や売り上げ管理の大変さを常に実感しておられることでしょう。特に個人経営のお店などでしたら、会計処理に当たる事ができる従業員の数も限られているでしょうから、できるだけ一つ一つの作業を効率化したいところでしょう。そのような場合、飲食POSレジを導入すれば大抵のことは解決できます。レジの打ち間違いや不正なども防げますし、毎日の精算処理も効率的に行えます。通常のレジスターであれば、発行されたレシートを集めて日次処理を行わなくてはいけませんが、飲食POSレジであれば、会計処理を行ったと同時に情報が記録されるためその手間も省けます。個人経営の飲食店であれば、従業員が店主のみという事も珍しくないので、業務効率化は最優先で目指すべき事案です。また、飲食POSレジは売り上げ情報やデータを自動で収集して分析してくれます。売り上げ情報の分析は、新商品の開発や新規顧客開拓にも役立つものですので、会計処理を行うだけでなく経営方針のブラッシュアップにも飲食POSレジは貢献してくれるのです。現在飲食店を経営されているという方は、ぜひPOSレジの導入を検討してみてください。

飲食POSレジでメニューの出数管理を自動化とデータ分析

飲食店において、豊富なメニューを取り揃えていることがステータスとなっていませんか?しかし、メニュー数が増えるほど材料仕入の管理が難しくなることもあります。特に売上がないメニューであるのにも関わらず材料仕入を行いロスを生じさせることがあります。そんなメニュー数が多い飲食店でも飲食POSレジを導入することでメニュー管理を効率化することができます。さらに自動集計だけでなく、データ分析により売れ筋と死筋を把握することができ、メニュー見直しが可能になります。
最近主流の飲食POSレジは、タブレット端末やパソコン、専用アプリといった構成となっており、導入コストも十数万円以下に抑えることが可能です。タブレット端末によるエントリーオーダーに対応し、メニュー出数がリアルタイムで自動集計されます。そのため、飲食POSレジを導入することで紙とペンで記録された情報を集計することがなくなります。また、飲食POSレジの分析機能により、どの時間帯で人気のメニューか、最後の注文を受けてからどのくらい期間が経過しているか、原価割れを起こしていないかも把握することができます。分析データを用いることで売り上げ貢献度の低いもしくはないメニューを根本から見直すことができ、食品ロスによる損失を抑えることができます。無駄なメニューを飲食POSレジで見直してみましょう。

飲食POSレジでカスタムオーダーに対応しよう

飲食店の中には、注文するメニューの中で注文者が細かくカスタムオーダーするということは少なくはありません。例えば、ラーメン店の場合、麺の量のほかに硬さ、スープの濃さやトッピングなど同じメニューでもオプションでバリエーションが多岐にわたることもあります。紙とペンでの記録には限界があるだけでなく、オーダーミスが生じることもあります。しかし、飲食POSレジを導入することでカスタムオーダーに対応することができます。
飲食POSレジは、タブレット端末と専用アプリでタッチ操作でのエントリーオーダーに対応することができます。同じメニューでも細かくオプション設定を行うことができます。セルフオーダー式にすることでお客さん自身が自由に選択でき、オーダー情報も厨房の管理端末の画面と連携するため、オーダーミスを抑制できます。さらに聞き取り作業がなくなることでミスの要因自体がなくなります。また、飲食POSレジならオプションも増やせるだけでなく、オーダー内容に応じた精算も可能になります。結果、追加トッピングが精算時に計算から漏れることもありません。そのほかにも、人気のオーダー内容を細かく分析することもできます。売れ筋のトッピングを把握することでおすすめのカスタムオーダーを提案することもできます。まずは細かい注文が売りの飲食店は飲食POSレジの導入でオーダー業務の効率化を実施しましょう。

Topics

  • 既製品の利用で飲食POSレジは低コストで導入可能

    飲食POSレジによるエントリーオーダーシステム、セルフオーダーによるスタッフの削減、付加された機能により効率化に魅力があるものの、導入コストが問題となっていませんか?確かに、POSレジというと以前は専用設計の端末で専用システムを使用するというこ…

    MORE

  • 飲食POSレジでオーダー量に対する金銭差異の原因を把握しよう

    飲食店経営者もしくは管理者の方で、毎日のメニューのオーダー数に対して金銭差異が生じていませんか?いわゆる売り上げに対して、現金の入金において把握できないものが多数あるという状態であり、損失に直結します。そこでオーダー量に対する金銭差異を確実に把…

    MORE

TOP