レジ

営業終了後の作業負荷は飲食POSレジで改善しよう

飲食店で営業終了後の作業負荷が問題となっていませんか?レジ締め後、現金精算を行い残高確認を行う、売上集計をパソコンへ手作業で入力している、スタッフの勤務時間を入力しているなど店舗運営に直接関わらに作業が店長やスタッフへ大きな負担を与えてしまいます。そんなスタッフの負荷を飲食POSレジを導入して改善することができます。営業終了後の締め作業を短時間で完了することができ、退社時刻を早めることが可能になります。
飲食POSレジは、エントリーオーダーによりリアルタイムでの自動集計が可能です。つまり、オーダー情報が売上情報として常に集計されるため、スタッフは手作業による集計から解放されます。締め作業も管理端末でタッチ操作により完了するため、作業自体も簡略化されます。また、現金残高も前日の残高から精算情報による入金情報により当日の残高が確定します。そのため、現金を数えるだけで済みます。自動釣銭機と連携することで残高だけのチェックで済ませることも可能です。さらにパートやアルバイトの勤務時間管理も飲食POSレジで行うことができ、給与計算も行うことができます。そのため、店長が給与計算で長時間作業するということもなくなります。そのほかにも、在庫管理や経費精算などに対応した機能も多いため、飲食POSレジの導入により多くの業務における負荷軽減が実現できます。

Topics

  • 既製品の利用で飲食POSレジは低コストで導入可能

    飲食POSレジによるエントリーオーダーシステム、セルフオーダーによるスタッフの削減、付加された機能により効率化に魅力があるものの、導入コストが問題となっていませんか?確かに、POSレジというと以前は専用設計の端末で専用システムを使用するというこ…

    MORE

  • 飲食POSレジでオーダー量に対する金銭差異の原因を把握しよう

    飲食店経営者もしくは管理者の方で、毎日のメニューのオーダー数に対して金銭差異が生じていませんか?いわゆる売り上げに対して、現金の入金において把握できないものが多数あるという状態であり、損失に直結します。そこでオーダー量に対する金銭差異を確実に把…

    MORE

TOP