レジ

既製品の利用で飲食POSレジは低コストで導入可能

飲食POSレジによるエントリーオーダーシステム、セルフオーダーによるスタッフの削減、付加された機能により効率化に魅力があるものの、導入コストが問題となっていませんか?確かに、POSレジというと以前は専用設計の端末で専用システムを使用するということもあり、導入コストは数百万円を超えることは少なくはありませんでした。オーダー端末だけでも高額となり、客席への設置は高コストになりがちでした。しかし、最新の飲食POSレジなら低コストでの導入が可能です。
今では、飲食POSレジも既製品のタブレット端末やパソコン、スマートフォンに専用アプリをインストールして使用するものが主流となっています。管理用端末でもタブレット端末1台とキャッシュドロアー、プリンタの最小構成で済み10万円のコストに抑えられます。オーダー端末もタブレット端末なら2~3万円のコストで済み、セルフオーダー式でも100万円の予算で全席カバーも実現できます。さらにランニングコストも基本機能だけでなら月額無料、オプション機能は有料といった飲食POSレジもあるため、長期運用した際でもコストが抑えられます。小規模な飲食店でも初期投資費用のみに抑えることができ、業務効率化で利益アップも可能になります。導入コストで悩んでいるなら最新の既製品を利用する飲食POSレジを導入しましょう。

Topics

  • 既製品の利用で飲食POSレジは低コストで導入可能

    飲食POSレジによるエントリーオーダーシステム、セルフオーダーによるスタッフの削減、付加された機能により効率化に魅力があるものの、導入コストが問題となっていませんか?確かに、POSレジというと以前は専用設計の端末で専用システムを使用するというこ…

    MORE

  • 飲食POSレジでオーダー量に対する金銭差異の原因を把握しよう

    飲食店経営者もしくは管理者の方で、毎日のメニューのオーダー数に対して金銭差異が生じていませんか?いわゆる売り上げに対して、現金の入金において把握できないものが多数あるという状態であり、損失に直結します。そこでオーダー量に対する金銭差異を確実に把…

    MORE

TOP