レジ

飲食POSレジでオーダー量に対する金銭差異の原因を把握しよう

飲食店経営者もしくは管理者の方で、毎日のメニューのオーダー数に対して金銭差異が生じていませんか?いわゆる売り上げに対して、現金の入金において把握できないものが多数あるという状態であり、損失に直結します。そこでオーダー量に対する金銭差異を確実に把握するために飲食POSレジを導入するのがおすすめです。さまざまな視点から管理を行うことができ、スタッフによる不正を防止することができます。
オーダー量に対して金銭差異が生じる問題として、精算時のミスだけでなく不正が問題になります。オーダーを受け提供したものの、精算情報に反映せず金銭を受け取らないという問題です。ですが、飲食POSレジはエントリーオーダーとなり、オーダー情報は厨房と精算端末の連携します。つまり、精算時、故意にレジ打ちしないという不正を防止できます。さらにオーダー内容の修正や取り消しも管理者以外はできない、もしくは許可を受けて行うといったセキュリティ対策もされています。つまり、飲食POSレジならスタッフが勝手に精算情報を改ざんするということがなくなります。さらに電子ジャーナルとなるため、修正や取り消しの情報も残ります。また、精算を行う際にはスタッフの顔写真が撮影される機能もあるため、不正を行ったスタッフを早期把握することもできます。金銭差異が問題となっているなら飲食POSレジを導入しましょう。

Topics

  • 既製品の利用で飲食POSレジは低コストで導入可能

    飲食POSレジによるエントリーオーダーシステム、セルフオーダーによるスタッフの削減、付加された機能により効率化に魅力があるものの、導入コストが問題となっていませんか?確かに、POSレジというと以前は専用設計の端末で専用システムを使用するというこ…

    MORE

  • 飲食POSレジでオーダー量に対する金銭差異の原因を把握しよう

    飲食店経営者もしくは管理者の方で、毎日のメニューのオーダー数に対して金銭差異が生じていませんか?いわゆる売り上げに対して、現金の入金において把握できないものが多数あるという状態であり、損失に直結します。そこでオーダー量に対する金銭差異を確実に把…

    MORE

TOP